女性のお悩みを解決するブログ

ラベルフィーユはどんなピル?気になる効果とおすすめしたい人の特徴

更新日:
2021.04.26
公開日:
2021.04.06
タグ:
ピル
経口避妊薬
ラベルフィーユ
トリキュラー
ジェネリック

ラベルフィーユの画像

ラベルフィーユとはトリキュラーのジェネリック医薬品で、トリキュラーよりも安価で購入できる経口避妊薬です。

ラベルフィーユを知っているけど使ったことがない方や気になっている方に向けて、薬剤師である私が、ラベルフィーユの効果やメリットを紹介します。

ラベルフィーユってなに?効果と成分

ラベルフィーユの画像

ラベルフィーユとはどのようなものなのでしょうか。

ラベルフィーユがどのような成分で作られ、どのような効果があるのかを説明します。

ラベルフィールは低用量ピルのひとつ

ピルには3つの種類があり、ホルモン量によって高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルと分けられています。

低用量ピルとは卵胞ホルモンの量が50µg未満のものを指し、ラベルフィーユは低用量ピルのひとつです。

ラベルフィーユには「ラベルフィーユ21」と「ラベルフィーユ28」の2種類があります。

それぞれの違いは以下です。

・ラベルフィール21:21日間服用した後に1週間の休薬期間がある
・ラベルフィーユ28:21日間の服薬後も継続して1週間赤色糖衣錠を飲む必要がある

赤色の糖衣錠とは、効果のある成分が含まれていない偽薬と呼ばれる薬で、飲み忘れを防ぐために用いられます。

低用量ピルは飲み忘れてしまうと効果が下がってしまうため、飲み忘れが心配な方はラベルフィーユ28を服用しましょう。

ラベルフィーユの持つ効果

妊娠するための準備として、女性の体は子宮内粘膜を厚くしていきます。

しかし、ラベルフィーユを継続して飲むと子宮内粘膜の形状を変化させ、妊娠を阻止する効果があるのです。

精子が子宮頸管の中を通り卵子と結びつくことで妊娠が成立しますが、ラベルフィーユを飲むと子宮頚管内の環境が変化するため、卵子と結びつくことがありません。

またラベルフィーユには肌荒れ改善や子宮内膜症の進行の抑制、生理不順や出血過多の改善、骨を丈夫にする効果などが期待できるでしょう。

ラベルフィーユに含まれる成分

女性の体には卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つのホルモンがあります。

この2つのホルモン量のバランスによって女性の身体は妊娠する準備ができるのです。

ラベルフィーユには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つのホルモンが含まれています。

ラベルフィーユはこの2つのホルモンバランスを調節することで、妊娠しにくい状態を作り出しているのです。

※低用量ピルについて詳しくはこちら

【低用量ピルとは?基礎知識から種類による特徴の違いまで徹底解説】

ラベルフィーユはジェネリック医薬品

ラベルフィーユの画像

ラベルフィーユはジェネリック医薬品ですが、ジェネリック医薬品というものがよくわからず、使うことに抵抗を感じる方がいるかもしれません。

ここではジェネリック医薬品がどういったものなのか紹介します。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品は後発医薬品と呼ばれ、先発医薬品(新薬)と同じ有効成分を含むものです。

先発医薬品は開発した企業に最大で25年の特許期間が設けられ独占することができる特徴があります。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許期間が切れた後に先発医薬品と同じ有効成分、同じ効果効能の医薬品を他メーカーが製造し、厚生労働省が販売を認可した薬です。

先発医薬品と同じ有効性があるだけでなく、形状や味の飲みやすさも改良されていたり、安価で購入できることが特徴として挙げられます。

ラベルフィーユはなんのジェネリック?

ラベルフィーユは、トリキュラーとアンジュのジェネリック医薬品です。

ピルの世代や相性は含まれているホルモンで決まり、トリキュラーとアンジュは低用量ピルで第2世代、3相性のピルです。

第2世代と3相性の特徴を見ていきましょう。

・第2世代とは

レボノルゲストレルという種類の黄体ホルモンが使用されているもので、避妊効果が高いことが特徴。

・3相性とは
配合料が異なる3種類の薬が1シートに入っているものを指す。
1シートの中で卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合量が異なっており、1相性より2相性、2相性より3相性が自然に近いホルモンバランスの変化を再現していることが特徴。

アンジュとトリキュラーは21錠で1シートのものと、有効成分の含まれていない偽薬を含めた28錠で1シートのものがあります。

トリキュラーとアンジュは同じ有効成分で作られたピルですが販売元の会社が異なるため名前が異なるのです。

ジェネリック医薬品が持つリスク

ジェネリックは先発医薬品と同等の主成分で有効性があり安価ですが、良いことだけではありません。

薬の特許には物質の新しい製造方法に与えられる「製法特許」、薬を製剤する上で新しい工夫に与えられる「製剤特許」などがあります。

「製法特許」や「製剤特許」といった特許の有効期限が残っている場合は、薬を包むカプセルや形状、薬の添加物などを先発医薬品と同じにすることができません。

そのため、同じ主成分の薬であっても有効性を発揮するまでの時間が長くなったり、効果が出すぎたり、効きにくくなる可能性があります。

ジェネリック医薬品は先発医薬品と主成分は同じですが、同じ効果を100%発揮するものではないことを理解しておきましょう。

※ピルの価格相場について詳しくはこちら

【ピルの価格相場は?いくらで購入できる?値段に関するギモンにお答え】

《3つのタイプ別》ラベルフィーユがおすすめな人

ラベルフィーユの画像

ラベルフィーユが自分に向いているか気になる人もいるでしょう

ラベルフィーユがどのような人に向いているか3つのタイプ別に紹介します。

高い避妊効果が欲しい人

ラベルフィーユを含め低用量ピルは高い避妊効果があり、毎日一定時間に内服すれば99.7%の避妊率があると言われています。

飲み忘れた場合もすぐに服薬すれば、92%の効果を期待できるのです。

一方コンドーム使用時の避妊率は約82%であることから、ラベルフィーユはコンドームを超える妊娠阻止率が期待できます。

ただしラベルフィーユでは性感染症を予防することができないため、ラベルフィーユとコンドームを併用して避妊を行いましょう。

生理不順に悩んでいる人

低用量ピルを飲むことにより一定量のホルモンを体内に取り入れることができるため、身体のホルモンバランスを安定することができ、生理周期を整える効果があります。

また、ラベルフィーユは3相性のピルです。

3相性のピルは自然に近いホルモンバランスを再現しているため、生理周期を安定させやすいでしょう。

ホルモンバランスの乱れによって起こる生理不順や生理痛、過多出血も、ラベルフィーユを正しく毎日服薬することでホルモンバランスが整い改善される可能性があります。

頻繁にダイエットを行なっている人

ダイエットのために頻繁に食事制限を行っている場合はカルシウム不足で骨が弱くなっているかもしれません。

ラベルフィーユに含まれる卵胞ホルモンは骨を丈夫にする効果が期待できるため、ダイエット中の方にもラベルフィーユの服用がおすすめです。

※ピルの効果について詳しくはこちら

【ピルの効果とは?避妊効果のメカニズムから4つの服効果まで徹底解説】

まとめ

ラベルフィーユの画像

ラベルフィーユは避妊効果や生理不順の改善など大きなメリットがあります。

しかしジェネリック医薬品であるため、人によっては効果が効きすぎたり効くまでに時間がかかったりと、先発医薬品と100%同じ効果が得られるとは限りません。

先発医薬品と同等の効果を期待できるだけでなく、先発医薬品より安価で購入できるといったジェネリック医薬品ならではのメリットが得られるラベルフィーユの使用を検討しましょう。

【監修】前田まあや(薬剤師)

2017年昭和大学薬学部卒業。
みなさまに安全にピルをお使いいただくために、ピルに関する正しい情報をお伝えしていきます。

最新コラム

© 2020 PillStore