女性のお悩みを解決するブログ

ピルでニキビが改善できる2つの理由とは?ピルの効果とニキビの原因

更新日:
2021.05.11
公開日:
2021.05.11
タグ:
生理
経口避妊薬
ニキビ
美肌
肌荒れ

ピルニキビの画像

「ピルでニキビが改善するって本当?」
「ニキビの改善に効果的なピルはどれ?」

など、ニキビ治療にピルの服用を考えていているときに、疑問を感じることがあるでしょう。

ニキビ治療でのピルの効果とニキビができてしまう原因について、薬剤師である私が説明します。

ニキビ改善にピルが効果的である2つの理由

ピルニキビの画像

ピルは避妊効果があることで有名ですが、避妊効果以外にも生理不順の改善や月経量の減少など、女性に嬉しいさまざまな効果があります。

ニキビの改善もピルの効果のひとつで、ニキビ改善のためにピルを飲む方もいるでしょう。

まずはじめにニキビ改善にピルが効果的である2つの理由を説明します。

ホルモンバランスを整えるから

ニキビの原因となることが多い男性ホルモンは女性であっても常に分泌されていますが、排卵後から生理前までにかけてホルモンバランスが変化するためニキビができやすくなります。

さらに、ストレスや睡眠不足など些細なことでホルモンバランスは乱れてしまうため、男性ホルモンが女性ホルモンよりも多く分泌されてしまうこともニキビが増える原因です。

ピルを服用することによって、ホルモンバランスを整えることができるため、ニキビの改善に効果があります。

男性ホルモンの活性を抑えるから

「アンドロゲン」という男性ホルモンが皮脂を過剰に分泌させることで、皮脂腺の炎症を起こしてしまうことがニキビの主な原因です。

ピルに含まれる「エストロゲン」という女性ホルモンには、アンドロゲンの活性化を抑える作用があるため、ニキビ治療に効果的となっています。

※ピルが生理に与える影響について詳しくはこちら

【ピルが生理に与える影響とは?4つの疑問Q&Aと服用するピルの種類】

生理前にニキビができやすくなる3つの原因

ピルニキビの画像

「生理前になるとニキビができやすく感じる‥」「なぜ生理前にニキビができやすくなるの?」と言う疑問や不安をお持ちの方に向けて、ここからは生理前にニキビができやすくなる3つの原因を説明します。

ホルモンバランスの変化

生理前である排卵後のタイミングになると黄体ホルモンである「プロゲステロン」の分泌が増えるため、排卵前と比べてホルモンバランスが変化します。

黄体ホルモンである「プロゲステロン」には子宮内膜の分泌を促す作用がある一方、皮脂量を増やしたり毛穴を詰まりやすくしたりと男性ホルモンに似た作用があるため、分泌の増加によってニキビができやすくなるのです。

ストレス

生理前にイライラを感じる女性は少なくありません。

生理前になると精神を安定させる作用があるホルモンの「セロトニン」の分泌が減少してしまい、イライラを感じやすくなることがあります。

イライラがストレスの原因となり自律神経が乱れた結果、ホルモンバランスが崩れてニキビができやすくなるのです。

便秘

黄体ホルモンの「プロゲステロン」は妊娠を成立させる役割の他に、妊娠を継続するために水分や栄養分などを体に蓄える役割があります。

水分や栄養分などを体に蓄えることで腸内の便に行き届かなくなり、かたい便となってしまい排出がされ辛くなるのです。

このプロゲステロンというホルモンは、排卵後から生理前にかけて分泌が多くなり、消化器官全体の運動機能を低下させる作用があるため、大腸の動きが低下することで便秘を引き起こします。

便秘が起きることによって、腸内で発生する腐敗物質がさまざまな作用を起こすため、肌荒れを引き起こしやすくなるのです。

※ピルの効果について詳しくはこちら

【ピルの効果とは?避妊効果のメカニズムから4つの副効用まで徹底解説】

ニキビ治療にピルを用いるときの2つのポイント

ピルニキビの画像

ここまで生理前のニキビの原因について説明しましたが、実際にニキビ治療にピルを用いるときの2つのポイントを紹介します。

ニキビに効果のあるピルを選ぶ

ピルにはさまざまな種類があり、含まれている黄体ホルモンの違いによって第1世代~第4世代に分類することができます。

生理痛の緩和や生理周期の改善など自分が欲しい効果によって適しているピルの世代は異なるため、目的に合った世代のピルを選ぶことが大切です。

第3世代のピルに含まれている「デソゲストレル」には、ニキビの原因となる男性ホルモンを活性化させない作用があるため、ニキビに効果が高いと言われています。

一方、第2世代のピルに含まれる「プロゲステロン」には、男性ホルモンを活性化させる副作用があるため、ピルの服用がニキビの原因となってしまうこともあるのです。

体質やニキビの原因によっては、第3世代のピルであってもニキビ治療に効果が出ない可能性があることを知っておきましょう。

正しい方法でピルを服用する

ニキビ治療を含むさまざまなピルの効果を得るためには、正しい服用方法である毎日同じ時間に1錠ずつ服用を続けることが大切です。

ピルを飲み始めるタイミングは、生理が開始してから24時間以内が一般的ですが、生理日初日の週の日曜日に飲み始めるサンデースタートや生理に関係なく飲み始めるクイックスタートのようにピルのタイプによって、飲み始めるタイミングが異なるため注意が必要です。

万が一ピルを飲み忘れてしまった場合、以下のように飲み忘れてしまったタイミングによってその後の対応が異なります。

《飲み忘れたタイミング別の対応》
・服用しなければいけない時間から24時間以内の場合は直ちに服用する
・次のピルを服用するタイミングの場合は2錠を同時に服用する
・2錠以上飲み忘れていた場合は次の生理まで服用を中止する

また、前回の服用から24時間を過ぎてしまって服用をしていないことに気がついた場合は、ピルの避妊効果を期待することができないため、コンドームなどの他の避妊方法が必要です。

※ピルの購入方法について詳しくはこちら

【これで安心!ピルを購入する3つの方法|購入時に気になる疑問Q&A】

まとめ

ピルニキビの画像

ピルによっては、ニキビに効果がある場合とニキビの原因となってしまう場合があります。

自分に合ったピルを服用することで、ニキビの改善だけでなく、生理前のイライラや便秘などのニキビの原因を解消することも可能です。

ピルを服用するときは、解決したい悩みを医師に相談し正しく服用しましょう。

この記事を、ピルを使ってニキビを解消する際の参考にしてくださいね。

【監修】前田まあや(薬剤師)

2017年昭和大学薬学部卒業。
みなさまに安全にピルをお使いいただくために、ピルに関する正しい情報をお伝えしていきます。

最新コラム

© 2020 PillStore