女性のお悩みを解決するブログ

産婦人科でピルを処方してもらう方法とは?診察の流れとピルの種類

更新日:
2021.05.12
公開日:
2021.05.12
タグ:
避妊
低用量ピル
アフターピル
産婦人科
子宮内膜症

ピル産婦人科の画像

ピルを購入するために、産婦人科へ行きたいと考えている方の中には、

「産婦人科でピルを処方してもらうにはどうすればいい?」
「産婦人科ではどんなピルを取り扱っているの?」

と疑問や気になることがあっても、なかなか人に聞きづらく情報を得にくいこともあるでしょう。

この記事では産婦人科でピルを購入するときの流れ、扱っているピルの種類などを薬剤師である私が紹介します。

産婦人科でピルを手に入れる方法

ピル産婦人科の画像

産婦人科でピルを購入するにはどうすればよいのか、具体的にみていきましょう。

実際に産婦人科を受診する

ピルを購入したい場合は産婦人科を受診しましょう。

病院の名前が産婦人科ではなくレディースクリニックと記載されてい場合も産婦人科と同じであるため問題ありません。

産婦人科やレディスクリニックでは女性特有の臓器である子宮、卵巣、外陰部の症状について扱っています。

オンライン診療で産婦人科を受診する

オンライン診療とは、スマートフォンやパソコンなの情報機器を通して患者が医師の診療を受ける遠隔医療のことです。

オンライン診療であっても初診は原則として対面で行いますが、例外的に初診からオンラインで行えるクリニックもあります。

通信環境さえ整えば、自宅や好きな場所から診療を受けることが可能です。

オンライン診療を受けるためには、まず診察日時をWeb予約し、予約時間になったらカメラ付きのスマートフォンやパソコン、電話を通して、医師の診察を受けましょう。

ピルは、薬局へ取りに行く場合もあれば、郵送で受け取れる場合もあります。

※ピルの基礎知識について詳しくはこちら

【低用量ピルとは?基礎知識から種類による特徴の違いまで徹底解説】

産婦人科でピルを処方してもらう時の流れ

ピル産婦人科の画像

実際に産婦人科でピルを処方してもらいたい時に必要なものや問診内容、検査内容などを知りたい人に向けて、ここからは受診前の準備からピルを受け取るまでの流れをお話しします。

事前に準備しておいた方がいいこと

保険証を用意する

ピルは服用の目的によっては保険が適用される場合があります。

また保険適用とならない場合であっても、受診料と検査費は保険が適用される場合があるため、保険証は忘れずに持参しましょう。

身長と体重,生理周期を把握しておく

太り気味の方はピルを服用することで血栓症のリスクが高まる恐れがあるように、ピルを処方する際は身体の健康状態や検査の必要性などを確認するため、生理周期や月経期間を聞かれます。

その他、よく聞かれる項目は以下です。

《問診でよく聞かれる項目》
・年齢
・健康状況と既往歴
・喫煙などの生活習慣
・激しい頭痛や偏頭痛の有無
・ピルの服用目的と、以前服用した際のアレルギー反応の有無
重篤な副反応を起こさずに、安全にピルを服用するために必要な情報となるため、受診前に整理しておくと問診をスムーズに進めることができます。

病院へ到着してから薬を受け取るまでの流れ

病院にもよりますが、受診時は大まかに以下のような手順で進み、ピルの購入ができます。

《病院での受診の流れ》
1) 受付
2) 問診表の記入
3) 診察
4) ピルに関する説明
5) ピルの処方、受け取り

ピルの処方を受ける場合には、内診や検査は必ずしも必要なものではありません。

もし自分でそのような診察や検査を受けておきたいという時には、医師に相談してください。

※ピルの購入方法について詳しくはこちら

【これで安心!ピルを購入する3つの方法|購入時に気になる疑問Q&A】

産婦人科で取り扱いのあるピルの種類

ピル産婦人科の画像

「産婦人科ではどのようなピルの取り扱いがあるの?」「自分の症状にあうピルを処方してもらえるの?」と、気になっている方もいるでしょう。

ここからは取り扱いのあるピルの種類を使用目的別にまとめていますので、ピルを使用する際の参考にしてください。

日常的な避妊目的のピル

日常的な避妊が目的の場合に処方されるピルは、低用量ピルです。

ピルは「エストロゲン」という卵胞ホルモンと、「プロゲステロン」という黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが配合されています。

副作用を最小限にするため他のピルと比べて「エストロゲン」の含有量を減らしているものが低用量ピルと呼ばれているのです。

低用量ピルを毎日服用すると、女性ホルモン濃度の高まりにより、排卵の抑制、精子の子宮内への侵入の抑制、受精卵の着床の抑制の3つの作用が起こり、妊娠を防ぐことができます。

コンドームをつけた場合の妊娠の確率は一般的な使用方法で15%とされ、一方ピルを正しく服用すれば妊娠の確率は0.3%であることから、ピル服用による避妊効果は高いと言えるのです。

※参照【長谷川レディースクリニック_避妊法(ピル、アフターピル、避妊リング)】

服用を始めるには生理初日から飲み始める方法と生理が始まった最初の日曜日から飲み始める方法の2種類があり、次の生理が始まる前に病院を受診するのがよいでしょう。

アフターピル

アフターピルとは、望まない性行為や何らかの理由で避妊に失敗してしまった場合に、性交渉後に飲む緊急避妊薬です。

避妊行為に失敗してしまった後72時間以内に服用することでホルモンを急激に変化させ、排卵を遅らせたり、精子を着床しにくくさせたりして妊娠を回避します。

避妊行為に失敗してから時間経過とともに成功率は下がっていくため、できる限り早く服用することが重要です。

アフターピルの服用は早ければ早いほど避妊効果があるため、緊急避妊が必要な場合は、できる限り早く産婦人科を受診することが大切です。

子宮内膜症や月経過多の治療用のピル

低用量ピルは避妊目的以外に子宮内膜症や月経過多を治療するために処方される場合があります。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症とは、本来子宮の中だけで作られるはずの子宮内膜が子宮以外の場所で増殖してしまう疾患です。

通常、子宮でできた子宮内膜は妊娠しない時には剥がれ落ち、月経として外に排出されますが、子宮内膜症の場合、剥がれ落ちる際に卵巣や腹膜を傷つけたり、癒着を起こすなど子宮に大きな負担をかけます。

子宮内膜は「エストロゲン」というホルモンの影響を受けて増殖しますが、ピルを服用することで排卵が抑えられるため体の中の急激なホルモン変動が起きなくなり、子宮内膜症の症状を抑えることができるのです。

月経過多の治療

月経過多とは経血量が日常生活に支障をきたすほど多くなる症状です。

低用量ピルを飲むことで急激なホルモン変動がおきなくなると、規則的な月経周期になり経血量も少なくなるため、低用量ピルの服用で月経過多の症状を緩和することができます。

月経移動のピル

旅行やスポーツの試合など、大切な行事がある時に生理の日にちを移動させたい時にもピルは役立ちます。

ピルを服用するタイミングを調節することで生理を早めたり遅くしたりできるのです。

月経移動には低用量ピルの他に中用量ピルも用いられます。

中用量ピルとは低用量ピルよりも「エストロゲン」の含有量が多くなっているため低用量ピルに比べて飲む期間が短くても月経日を移動できるのが特徴です。

生理を早めたい場合

生理を早めたい場合は服用するのは低用量ピルか中用量ピルです。

低用量ピルを使用する場合は移動させたい1つ前の生理開始から5日目までに服用を開始し、2週間以上飲み続け、服用を中止してから3日程で生理がきます。

中用量ピルを使用する場合は、早めたい生理の1つ前の生理開始から7日目までに服用を開始し、少なくとも10日以上飲み続け、生理開始希望日の3日程前に服用を中止してください。

生理を遅めたい場合

生理を遅めたい場合服用するのは中用量ピルです。

遅めたい生理開始日の5日前から服用を開始し、飲み続けている間は生理はきません。

服用を中止してから3日程度で生理がきますが、遅らせることのできる日数は長くても10日間程度です。

移動を早めたいのか遅めたいのかによって、服用するピルの種類と飲み始めるタイミングが変わるため、日程には余裕を持って産婦人科を受診することをおすすめします。

※ピルの種類について詳しくはこちら

【ピルにはどのような種類がある?使用目的別最適なピルと相場を比較!】

まとめ

ピル産婦人科の画像

ピルを産婦人科で購入する方法には、病院へ行く方法とオンラインで診察を受ける方法の2つがあります。

自分にあった方法で産婦人科を受診し、医師の診断と説明を聞いた上で、ピルを正しく服用しましょう。

【監修】前田まあや(薬剤師)

2017年昭和大学薬学部卒業。
みなさまに安全にピルをお使いいただくために、ピルに関する正しい情報をお伝えしていきます。

最新コラム

© 2020 PillStore